2009年08月17日

コンピュータ囲碁

荒木です。

17〜19は夏休みなので、5連休です。というわけで、囲碁プログラムに力を入れています。

囲碁プログラムはモンテカルロをやめ、オリジナル手法で作っています。が、なかなかうまくいきません。とりあえず、program.png
添付ファイルのような打ち方(プログラムが黒番、私が白番)をするプログラムは出来たのですが、これは黒が一手あたり20〜30分かかっています。内容もそれほどよくないのですが、まずは150倍くらい高速化をしないといけません。今年のUEC杯は無理かもしれません…。

囲碁プログラムを作る上で参考になるものを教えてほしいという声があったので、ひとまず以下のものを挙げておきます(すべてモンテカルロ)。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/monte.html(モンテカルロ法の基礎解説。少し古い。)
http://www.geocities.jp/hideki_katoh/にあるMoGoとCrazy Stoneの論文(原論文は場所を忘れてしまいました。すいません。)
http://www.ohloh.net/p/libego(モンテカルロ囲碁ライブラリ)

それでは本日はこれくらいで。
posted by fujitsugoclub at 02:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コンピュータ囲碁は、自分自身が強くなるより、数段難しいですね。

昔、自己流でソフトを組みました。交互に打つ、コウ取り返さないの論理だけで、着手の評価まで至りませんでした。

荒木さんのソフトが強くなることを期待しています。
Posted by よしざき at 2009年08月17日 16:53
コメントありがとうございます。

最近はモンテカルロ法の登場で、囲碁プログラムに対する敷居は大分低くなったと思います。
それでも、強いのを作るのは難しいです。
オリジナル手法でどこまでいけるか、頑張ってみたいと思います。
Posted by 荒木 at 2009年08月18日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31359579

この記事へのトラックバック